貴子ウィメンズクリニックBLOG

2018.09.11更新

“まるまる育児”とは、赤ちゃんの背中をまるく保つ育て方。お腹の中の環境を再現することで、体と心の健やかな成長を促します。眠るときは「まるまるねんね」抱きしめるときは「まるまるだっこ」で育ててあげましょう。

monkey“まるまる育児”の三原則

 まるまる

“まるまるねんね”をする

 down arrow

体の軸を整えることで骨格も整う

 down arrow

筋肉バランスが整い体幹も安定する

monkey胎児期

お母さんのまるい子宮の中では、赤ちゃんの背骨はC型。手足を曲げて両手がなめられる姿勢をしています。これが通称“Cカーブ”です。まるい子宮を保つために、妊娠初期からトコちゃんベルトで骨盤ケアを始めましょう!

まるまる

monkey新生児期

生まれてからも背骨のCカーブを保つことが大切です。重力に背骨を伸ばされないように寝ているときも抱っこのときも、いつでもCカーブを保ってあげましょう。

まるまる

monkey首が座るころ

首の骨に前カーブができて、首がすわってきます。背骨がまっすぐだと、首の前カーブが弱くなってしまします。

まるまる 

monkey歩きはじめ~小学校卒業

歩き始めるころから徐々に腰の骨(腰椎)にも前カーブができていきます。そして小学校を卒業するころには背骨全体の“S字状カーブ”が形成されていきます。健やかな背骨の成長には、早期からのCカーブを保つことが大切なのです。

まるまる

monkey当院では

赤ちゃんが誕生したらすぐにCカーブの中で寝かせています。これには、生まれてすぐの呼吸の確立にとても有効だからです。肺呼吸を深く行えることで、末梢血管の酸素飽和度を高濃度に保てることができるのです。

新生児室では、“天使の寝床”(青葉)を使用。この天使の寝床のおかげて、無駄泣きをする赤ちゃんが少なくなりましたen汗

まるまる

ママの部屋では、ママに持参して頂いたバスタオルをまるく形作ったベビーコットで寝かせていますsun

まるまる

まるまる

もちろん、抱っこの仕方も“まるまるだっこ”を教えていますnyanheart3

まるまる

次回は退院した後も“まるまるねんね”ができ、赤ちゃんがとっても寝心地のよくなるアイテム...当院オリジナル『トッポンチーノ』glitterをご紹介します笑うheart2

投稿者: 貴子ウィメンズクリニック

医療法人玲聖会 TAKAKO WOMEN’S CLINIC 貴子ウィメンズクリニック 受付時間 平日9:00~17:00 〒496-0868 愛知県津島市申塚町1丁目122番地
  • ホームページを見てとお伝えください 0567-23-5786
  • お気軽にメールにてご相談ください お悩み相談・お問合わせ
foot_content02_sp.jpg お気軽にメールにてご相談ください お問い合せはこちら